脇汗を止める漢方薬は?

脇汗が気になる人は様々な方法を試していると思いますが、その中に漢方薬を使って脇汗を軽減するという人がいます。
漢方薬には種類によって様々な効果がありますが、漢方薬を飲んだだけで完全に脇汗を改善することはできません。

 

しかし緊張しやすい場面や夏場など、一時的でも脇汗を抑えたい時には漢方薬は効果的かもしれません。

 

ここでは、脇汗に効果的とされる漢方薬をご紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

脇汗の原因に合った漢方薬を選ぼう

脇汗の原因は体質もそうですが、人によって緊張など精神的な面からなるものが多いと言われています。
精神面を安定させる効果のある漢方薬を飲むと、ストレスや緊張などが軽減され、脇汗も少なくなるでしょう。

 

またホルモンバランスが変化すると、脇汗の量や臭いにも変化が出ることもあるので、ホルモンバランスを安定させる働きのある漢方薬を選ぶといいでしょう。

 

もともと身体が火照りやすい人は、熱や炎症などを抑える働きを持つ漢方薬もオススメです。

 

このように脇汗が出る原因を止めることで、結果的に脇汗を軽減することができるのです。

 

 

代表的な漢方薬は?

では、ここではよく用いられる漢方薬をご紹介します。

 

防己黄耆湯(ボウイオウギトウ)

疲れやすくて汗のかきやすい傾向のある、肥満症の方や関節が痛む時に効果的な漢方薬。

 

柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)

虚弱者で感冒や感染症などが慢性化し、寒気、発汗、食欲不振などの症状、あるいは動悸、不眠、神経症などに効果的な漢方薬。

 

竜胆潟肝湯(リュウタンシャカントウ)

泌尿や生殖器に炎症を起こしやすく、排尿痛や残尿感がある、また手足の裏に汗をかく時に効果的な漢方薬。

 

女神散(ニョシンザン)

自律神経失調や更年期障害のある方やのぼせ、動悸、精神不安、頭痛がある、背中から汗をかく時に効果的な漢方薬。 

 

 

漢方薬を飲む時の注意点

このように脇汗の臭い対策として用いられる漢方薬があります。
なかでも多汗症の漢方薬として一般的に用いられているのは、防已黄耆湯柴胡桂枝乾姜湯』です。

 

漢方薬には自律神経の安定や発汗のバランスを整える効果があり、大きな副作用もありません。
ただ即効性はあまり期待できません。

 

漢方薬は病気そのものを治すための薬ではなく、いうなれば漢方薬の力で自然治癒力を引き出すための薬です。

 

大切なことは、漢方薬を少しずつ体内に取り入れ、発汗作用を調整していくことです。

 

漢方薬を初めて使いたい方は、医師や薬局で脇汗などの症状について一度相談されることをオススメします。
そして、処方して頂いた漢方薬についても詳細な説明をしてくれますから。

 

漢方薬でゆっくりと身体の内側から脇汗や臭いを改善していけたらいいですね。


スポンサーリンク