脇汗の黄ばみを止めるには?

日々の満員電車の中では、様々な臭いがすることでしょう。体臭や頭皮臭、口臭など…。
脇汗もそうですが、多量の汗が洋服に付着する黄ばみが気になってしまいますよね。
これには、黄ばむ原因にはいろいろあるようですよ。

 

スポンサーリンク

 

黄ばむ原因と止める方法

脇汗の種類は2種類あり、中には黄色い粘着質の汗が出る物もあります。
これは、ワキガの原因ともなる物質で、もちろん黄ばみにも関係しているのです。

 

次に、制汗剤やデオドラント剤の使用です。
自分の汗と、これらの商品が配合すると黄色くなってしまうことがあると言われています。

 

人によって汗の種類や含まれる成分、皮膚などの状態は違います。
そのため、黄ばみが出るデオドラント商品には個人差があるそうです。

 

したがって、使ってみて洋服が黄ばむと感じた場合は、使用をやめることをオススメします。

 

また、汗と言う物は、無色ではありません。
多少なりとも色がついているのです。

 

だから、洋服に付着すると黄色く見えてしまう物が多いと思います。
黄ばみとまではいきませんが、汗ジミとして汗部分が気になってしまう人も多いのではないでしょうか?

 

特に、デオドラントスプレーを使い過ぎている人は、汗の色が変化して洋服にシミを残してしまいやすいと言われています。

 

デオドラントスプレーのせいで雑菌が繁殖したり他の強い菌を招いてしまうため、デオドラントスプレーのせいで黄ばみが起きてしまうのです。

 

汗の質にも黄ばみは関係しており、良い汗と悪い汗では黄ばみなどの色合いが変わってきます。
サラサラの質の良い汗は臭いも少なく黄ばみになり難いですが、ドロドロとした悪い汗は、黄ばみになりやすいのです。

 

黄ばみは意外と目立ちやすく、不潔に見えてしまいますので、気がついたら早めに対処するといいですね。

 

 

シャツの黄ばみを取るには?

きっと社会人の方はYシャツを着る機会が多いと思います。
洗い方が悪いと、汗ジミになったりこともあるでしょう。

 

クリーニングに出しておけば、黄ばみを多少キレイに取ってくれると思いますが、極端に黄ばみが目立っていると完全にキレイにするのは難しいでしょう。したがって、まとめてクリーニングに出す前に、自宅で軽く洗濯したほうがいいのです。

 

ほうっておくと、どんどん黄ばみが頑固になるだけでなく、悪臭も強烈になってきますからね。

 

Yシャツの襟にシミがある場合は、もみ洗いや漬け洗いをするようにしてください。
脇汗の黄ばみや臭いも、まさにその方法で取り除くわけですね。

 

ちょっと洗濯する前に一手間かかりますが、これで確実に臭いやシミを取り除くことができますので、是非実践してみてください。

 

最近のシャツって、どんどん進化していませんか?
いわゆるヒートテックといった化学繊維のシャツを着る人が増えているのです。

 

ヒートテックは保温性に優れていることから人気があるわけですが…。
でも、従来の綿に比べても臭いがシャツに残りやすいとされているのです。

 

化学繊維の衣類は、優れているものが多いでしょうけど、その反面、嫌な臭いが付着しやすいということを覚えておくといいかも?


スポンサーリンク