もしや脇汗は多汗症?

もしや脇汗は多汗症?

脇汗の量がヒドイという人は、多汗症の疑いがあるかも知れません。汗の量は人によって違います。
汗をかきやすい人、かきにくい人がいますよね。

 

どの人間でも汗をかきます。
運動したり食事したりするなど生活する上で上昇する体温を調節するための生理的現象ですから、汗をかくのは当然です。

 

スポンサーリンク

 

もしや腋窩多汗症?

一般的に、汗の量が多い人は新陳代謝が活発な健康的なことだと言われています。
つまり、汗をかきやすい人は環境の変化に敏感に反応して、普通の人よりも汗をかくわけですが、それも生理的現象の一つです。

 

しかし暑い時期でもない、運動したわけでもないのに多量の汗をかくのはちょっと問題です。
多汗症は体温調節の必要がないのにどんどん汗をかく症状だと思えばいいでしょう。
ですから、今までも何ともなかったのに「急に多量の汗が流れてきた!」という場合は要注意で、もしかしたら病気の疑いがあるかもしれません。

 

多汗症は部分的に起こることもあり、特に脇汗部分は、ワキガなどの別の病気にもなる部分で、ワキが多汗症になっている人もいるでしょう。

 

多汗症の中には、腋窩多汗症という種類もあります。
通常、人は極度の緊張状態に陥ると脇の下から汗をかくのですが、これは自然な生理現象であって多汗症ではありません。

 

腋窩多汗症は緊張してなくても常に脇汗を多量にかいてしまう状態をいいます。
夏場の暑い時期や激しい運動の後、そして緊張したりプレッシャーを感じた時にはさらに多量の汗をかいてしまうかもしれません。

 

もし脇汗が流れている状態で、着ているものに汗ジミや黄ばみなどができる場合は要注意です。

 

このような多汗症はワキガとは違って無臭の汗がたくさん出てくる病気なのです。
無臭の汗と言えども、汗には多量の雑菌が詰まっています。
そのため雑菌が繁殖すると、腋窩多汗症の人でも悪臭を招いてしまうことが多いのです。

 

この程度の汗であれば、デオドラントスプレーや体を冷却することでなんとか改善できるかと思います。
しかし、過度の腋窩多汗症の方は、それだけでは汗の量を対処するのに限界があるかもしれません。

 

異常な汗の量に悩んでいる人は、一度病院に行ってみた方が良いでしょう。
もしかしたら多汗症かも知れませんし、最近では様々な汗に対する治療を行っている病院があります。
例えば、ボトックス注射、エクリン汗腺の除去などといった代表的な治療法があり、これらを施術を受けることで汗の量は徐々に改善につながることでしょう。

 

治療を行うだけでも、十分に汗の量に変化は出てくるはずですから。


スポンサーリンク