脇汗が臭う原因は菌?

私たち人間は、普通汗をかきます。汗をかかないほうが不健康というわけですので、汗をどんどん流したほうがいいのです。

 

汗そのものを舐めた人のなら分かると思いますが、ちょっとしょっぱいですよね?
でも、臭いなんてもともと無臭なのです!

 

では、どうして脇汗が臭うのでしょうか?

 

ズバリ!

 

細菌のせいなのです。

 

スポンサーリンク

 

なぜ、菌が脇汗の臭いを?

かいた汗を栄養として細菌が繁殖して嫌な臭いを作り出されるわけです。
細菌の種類は驚くほどにたくさんの種類があり、それに栄養となる汗の他に分泌物の成分の組み合わせによって、ワキガ、足臭、加齢臭などの体臭が発生します。

 

皮膚にもターンオーバーがあります。
肌の生まれ変わり、俗にいう新陳代謝のことですね。

 

だから脇汗の臭いの元となるのは、汗と一緒に流れ出るアカや皮脂で、それをエサにして細菌が分解するから独特の臭いを放します。

 

脇の下には、次のような腺組織が分布してます。

皮脂腺からの脂肪酸
アポクリン汗腺からの汗
エクリン汗腺からの汗

 

皮脂腺は全身の皮膚に分布する腺組織で、実は汗ではなく脂肪酸が分泌されます。
ちなみに、この皮脂腺は頭皮に集中しており油脂成分が分泌されやすい部位で、そのため細菌が繁殖しやすく頭皮から臭うこともあります。

 

アポクリン汗腺は体の特定の箇所に集中しており、これが脇汗の臭いの原因になります。
一方、エクリン汗腺はもともと無臭で、体温調整のために必要とされる汗です。
エクリン汗腺からたくさんの汗が流れる場合、多汗症の原因と言われています。

 

したがって、これらの腺組織が混ざって、独特の臭いが放されるわけです…。


スポンサーリンク