多量な脇汗は病気のサイン?

脇汗は、体質だけが問題ではありません。もし、脇汗の量が異常に多いという人は、”腋窩多汗症”の可能性もあるのです。
これは、”えきかたんしょう”と読む病気の一つです。

 

汗が多く出る、特に脇汗の量がとても多いという症状なのです。
脇の下は、元から汗腺が集中している部位なので、他の部分よりも汗が目立ちやすいでしょう。

 

しかし、他の人と比べてとても多いと感じる人は腋窩多汗症を疑う必要があるかも知れません。

 

腋窩多汗症は、エクリン汗腺の機能亢進が行われ、必要以上に汗をかいてしまう病気です。

 

種類は次のように2種類に分類されています。

原発性多汗症

これは、器物的原因が無い症状のこと。

続発性多汗症

こちらは他の病気、使っている薬などの影響で汗の量が増えてしまう症状のこと。

 

スポンサーリンク

 

温熱性?精神性?

温熱性多汗症と精神性多汗症に分けることもでき、温熱性は食ことや気温、運動による汗が多い人のこと。
精神性多汗症は、ストレスやプレッシャー、極度の緊張で汗が大量に出る人のことを言います。

 

 

腋窩多汗症は臭わない?

腋窩多汗症かも知れないと疑うほどの汗の量は、様々なです。
例えば、一日に何度も衣類を取り換えなければいけないほどの汗の量であったり、学業や仕事に集中できないほどの量であれば、腋窩多汗症かも知れません。

 

また、腋窩多汗症とワキガは直接的には結び付かない病気です。

 

腋窩多汗症は、汗の量が多いだけで、細菌が繁殖しているなどと言うことはありません。
細菌が繁殖しないので、たとえ汗の量が多くても、悪臭を放すことはほとんどないでしょう。


スポンサーリンク