40代女性になると更年期の影響で脇汗の臭いが?

40代女性になると更年期の影響で脇汗の臭いが?

40代になったら脇汗の臭いがヒドくなる?

 

40代に突入すると、何となく「汗の量が増えたかしら?」と感じませんでしたか?
特に分かりやすいのは脇汗で、特に臭いやすい部位ですから女性なら気になってしまいますよね。

 

実際に、40代を超えて急に汗を多量にかき、脇の臭いも気にするようになった女性が多数いらっしゃいます。
これはきっと更年期症状の影響のせいかもしれません。

 

通常、時間と共に更年期症状はおさまりますが、なかには10年以上も続いている人もいます。
もしも更年期症状が長引くようであれば、脇汗の悩みは何とか解消したいものですよね!

 

ましてや女性なので、外見だけでなく臭いにも敏感です。
周囲の視線もあるから、脇汗の臭いケアも身だしなみの一つとして対策を講じたいですよね。

 

ここでは、40代以降に入ると見られる脇汗の臭いと更年期症状の関係について説明しています。

 

スポンサーリンク

 

40代になると脇汗が増える原因は?

40代に入り更年期障害によって脇汗が増量し、その汗にはアンモニア臭などの成分がたくさん含まれているのでキツイ臭いを放すことがあります。
そして、この汗は濃度の濃い汗と同じくベタベタして乾燥しにくい状態です。

 

脇下はジメジメしていて乾燥しにくい部位で余計に菌が付着しやすい環境にあるので、脇汗の臭いがヒドくなるのです!

 

 

更年期になる理由とは?

更年期障害は40〜50代の女性がなりやすい病気です。
年齢を重ねるごとに卵巣機能が低下し、女性ホルモンであるエストロゲンが分泌しづらくなるのです。

 

このエストロゲンが急激に減少すると、自律神経も崩れてきて心身の不調が現れてきます。
この自律神経の乱れが原因で、多汗の他に息切れや動悸、頭痛、イライラ、だるさなど更年期症状が出てきます。

 

 

更年期症状による脇汗を対処するには?

そんな更年期症状による脇汗を対処するには、どうしたらいいのでしょうか?
以下の3つをできる範囲で取り組むといいでしょう。

軽い運動をする
制汗剤を使う
女性ホルモンのバランスを整える

 

軽い運動をする

毎日運動していると汗をかくのですが、それが汗腺が鍛えられて機能回復が期待できます。
汗腺を鍛えれば、上半身だけに汗をかくことはなくなるでしょう。

 

制汗剤を使う

制汗剤を使うのは定番ですが、それも一つの選択肢です。
ただ脇汗を対処する場合、スプレータイプよりも塗るタイプのほうがより効果的です。

 

スプレータイプは噴霧を脇下に噴霧するので汗腺にフタをするような効果がなく、制汗力が弱いです。
したがって制汗力を重視するなら、ロールオンタイプがクリームタイプがオススメです。

 

女性ホルモンのバランスを整える

40代女性になると更年期の影響で脇汗の臭いが?

更年期障害による脇汗は女性ホルモンバランスの崩れによるものですから、このホルモンバランスを整える工夫を凝らせば脇汗対策となるはずです。

女性ホルモンの分泌を正常化させるには、規則正しい生活が基本となります。

 

早寝早起きを心がけ、食事時間も大体決めておくといいです。

 

なかでも重要なのは食生活。女性ホルモンと似た働きをする「イソフラボン」を摂取すると女性ホルモンを活発にできます。
イソフラボンは主に大豆製品に含まれているので、積極的に豆乳や納豆など大豆製品を食べましょう!

 

イソフラボンの摂取目安量は、1日65〜75mgです。
イソフラボンを過剰に摂取すると、女性ホルモンの過剰な分泌が原因で、子宮がんや乳がんの発生リスクが高まるので要注意です!

 

以上のような3つの対処で、脇汗を減らしていきましょう!


スポンサーリンク