デオドラント剤で脇汗の臭いを止める!

デオドラント剤で脇汗の臭いを止める!

デオドラント剤で脇汗の臭いを止める!

 

暑い時期に入ると、デオドラント剤を手にする人も多いと思います。テレビコマーシャルの影響か、「消臭志向」にこだわる消費者が増えていますよね?
多くのデオドラント関連商品は、ドラッグストアやスーパーなど市場に出回っているので気軽に購入できます。

 

デオドラント剤の数は多くて200種類以上あると言われ、なかでもスプレータイプの制汗剤が多いかもしれません。
気軽に使うことができる、いろいろな部位に使いやすいなどの点からスプレータイプが人気なのだと思います。

 

デオドラント関連商品は一般にデオドラント剤もしくは制汗剤という呼び方をされていると思いますが、次のように3つに分類しています。

「制汗剤」発汗を抑える
「消臭剤」臭いを軽減する
「殺菌剤」雑菌を抑える

 

デオドラント関連商品は3つのカテゴリがあるわけですね。
なかでも制汗剤はポピュラーで古くから汗止めとして使われています。

 

スポンサーリンク

 

制汗剤発汗を抑える

制汗剤は毛細血管を収縮させることで発汗を抑える効果があります。
夏場の気温などによる脇汗には、特に制汗剤が効果的です。

 

デオドラント剤を使うと、使った部位が冷たさを感じて汗が止まりやすくなるのです。
汗が出るのも抑えることができるでしょう。

 

ただ1日に何度も使用すると皮膚の呼吸を妨げてしまうために色素沈着が起こり、皮膚が黒んでしまうので注意が必要です。
脇の黒ずみにお悩みの方は、もしかしたらデオドラント剤の使いすぎかもしれません。

 

「消臭剤」臭いを軽減する

デオドラント剤には、香りが付いている物だったり臭いを中和させたりと種類があります。
要するにトイレの便臭を消すのと同じ理屈ですね。

 

シャボン玉の香り、石鹸の香り、フローラルや新緑の香りなど、不快を感じさせない爽やかな香りを漂わせることで脇汗の臭いを軽減することができるのです。
ローションやパウダー、スティックタイプなどいろいろな種類がありますが、肌に直接塗布するタイプのほうがスプレーに比べてある程度の効果は期待できます。

 

 

「殺菌剤」雑菌を抑える

最後に殺菌剤です。
汗にはたくさんの雑菌が含まれているので、余計に混ざり合うとより悪臭を放すこともあります。
最近の殺菌剤には雑菌対策も含まれており、臭いの元凶となる雑菌をやっつけて、その部位を清潔に保ち臭いも消す効果があります。

 

 

無臭のデオドラント剤がオススメ

もし、脇汗の臭いが気になる人やワキガの人であれば、デオドラント剤は香りがする物よりも無臭の物をオススメします。
なぜなら過度の悪臭が良い香りと混ざると、鼻のつく香水のように逆効果になってしまうからです。
ですから、脇汗の臭いが強い人は無臭にする方がデオドラント剤をより効果的に使うことができるのです。

 

殺菌剤もそれなりの効果を期待できますが、使いすぎると湿疹やかぶれなどの皮膚トラブルを引き起こすこともあるので注意が必要です。

 

いずれにせよデオドラント剤で脇汗の臭いを止めるのに、その場しのぎに使うのなら問題ないと思いますが、長期間使い続けることだけは避けたほうが無難です。
多量の汗もかいてしまえば、もはやデオドラント剤を使う意味がなくなってしまいます。


スポンサーリンク